株とは?市場とは?

株式入門者というと、どうしても株式の方法ばかりに気を取られがちなのではないかと思います。

でも、ちょっとここで、株について改めて考えて見直してみませんか?

よく株式とか株とか言いますが、株というのはそもそも株式上場している会社が、より会社の資金を調達するために発行するものです。

ということは株式投資をしている方は、株という形でその会社に資金を差し出しているということであり、ある意味会社のオーナーとしての立場にあるとも言えるいうことになりますね。

だから大株主になればなるほど、「もの言う株主」などと呼ばれるのです。

もちろん株式入門者とか、小口の一般投資家というのは、ここまで大きな立場にはないかもしれません。

ですが株を買うということは、どんなに小さい立場でもその株を発行している会社の小さなオーナーであることは間違いありません。

また、株式投資というと忘れてはならない、切っても切れないのが株の証券取引市場ですが、証券取引市場というと真っ先に思い浮かぶのは東京証券取引所だと思いますが、証券取引所は東京だけにあるのではなくて、札幌、名古屋、大阪、福岡と北から南までいろいろな場所にあります。

株式入門者がよく利用するのは、やはり東証一部の株だと思いますが、実は東証にはジャスダックや東証マザーズなどもありますが、株式入門者には、こちらの値動きの激しい株を主に取り扱うジャスダックやマザーズよりは、東証一部の株式に投資をする方をお勧めします。

□関連リンク》東証 : 市場の位置付け