株式のスタイルを考える

株式入門者でも一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、株式投資には株式売買を行う上での、売買スタイルというものがあります。

株式入門者にさらにわかりやすく説明をすると、株式投資のスタイルというのは、いわゆるデイトレードとか中期長期的売買という方法のことです。

最近の主流は短期決着…いわゆる勝ち負けというのが、すぐはっきりするデイトレードが主流のようですが、株の値動きが大事なのはもちろんのこと、今が売りなのか買いなのかを見極める、一瞬の判断や決断というものが必要になってきます。

また瞬間で判断しないといけないということは、それだけ値動きを表すチャートの場面に張り付いていないといけないということになります。

しかも瞬間や短期的に損得がはっきりするということは、それだけ値動きが激しい銘柄ということになり、ハイリスクハイリターンを狙うということになります。

これはどう見ても株式入門者には、到底お勧めできない投資方法であることは明白です。

では中期長期的売買はというと、基本的に売買を目的とする投資というよりは、高配当な株や成長株、比較的割安な株などを売買することが多いので、常にチャート画面に張り付いている必要はありませんし、急に値上がりして得をすることはあったとしても、急に値下がりする危険性も、よりいろいろな銘柄の中でも低い方だと思います。

株式投資には目的や、自身で思い描くスタイルがあるとは思いますが、入門者にはハイリスク、ハイリターンな投資は、あまりお勧めしません。

◆参考リンク:短期で儲かるデイトレードだけど、この点には注意!|ダイヤモンド・オンライン